スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成年後見制度イベント


111123_204145.jpg

今日は新宿区で行われていた、成年後見制度のイベントに行ってきた。
小


このイベントは、吉本興業の芸人と専門家が、制度について分かりやすく面白く説明するっていうコンセプトで行われたのだ。
主催は新宿区で、入場無料なんだけど、なんで芸人がくるのかと思ったら、区長が最初にちゃんと説明してくれたよ。

吉本興業は新宿区と提携していて、さまざまな区のイベントに芸人たちを呼んでいるそうなんだ。
吉本興業の東京支社は、新宿区だからね。

ちなみに26日の土曜日は、入場無料でこんなイベントもある。
111123_204838.jpg
これも入場無料。
行ってみたいな。


このイベントの参加者、過半数は50代以上。
20代もちょっといたし、30代もちょっといた。
やっぱり、自分の事を考えて参加する人が多いみたいだね。

コントも交えてのイベントだったけど、出てきた芸人、ちょっとしか私知らないので、説明ができない。
知ってる人は、「違うかー!」の人と、ジョイマンの高木って人。
他にもいたけど、お笑い詳しくないからわからない。。。。

だけど、なんとなく理解した。(途中寝ちゃったし・・・)
どういうときのために必要か、とかね。

弁護士の人と芸人が掛け合いながらの説明なんだけど、いちいちボケとツッコミがあってね。
それなりの時間はとってあるんだけど、説明自体がサクサク進まないんだ。
面白いけど、ちゃんと聞きたかった自分にとっては、ちょっといらなかった(ごめんなさい)。

スポンサーサイト

メイクアップセミナー


今日は、DHCメイクアップセミナ―に行ってきたよ。

最大15人までの小さなセミナーで、メイクオフから、フルメイクを教えて頂くというもの。
講師はもちろんプロのメイクアップアーチスト。

参加者は、応募の中から抽選で選ばれる。
月に6回の開催。
会場は六本木。


各回毎に、テーマがあるみたいでね。
今回は、ファンデーションを崩れにくく綺麗に見せる付け方、がテーマ。


他の参加者、若い人ばっかだったらやだなーって思ってたけど、そうでもなかったよ。
見た感じ、20代後半から、40代後半くらいまでいたかな。


そして、メイクは、講師の方にスキンケアから一つ一つ教わりながら、みんなで一緒に進めていく感じ。
2時間という間だったけど、ほんとあっという間。
最初にメイクを落とすから、やっぱり、みんな顔を作るのに必死になるからね。
トイレも忘れちゃう。

できあがりは、普段より、綺麗に出来上がった感じ!
みんなどの人も、綺麗にメイクできてたよ。
凄いなーって思った。
教えてもらうだけで、こんな綺麗にメイクできちゃうんだーって思ったよ。



わたし、この後、六本木から麻布、広尾を通って恵比寿まで3時間くらい、暑い中ぶらぶらあるいたんだけど、それでも確かにメイクが崩れてないのだよ。
ちょっと感動~(*゚ー゚)


楽しかったし、勉強になるし、また日程が合えば、応募してみようかなw

「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」


110711_190043.jpg

昨日の日曜は、映画を観に行ってきた。

「鋼の錬金術師」の映画なのだけど、殿が観たがっていてね。

写真は「11.5巻」っていう巻なのだけど、
劇場で映画観た人限定で貰えるっていうのを、昨日の夕方に知って、その事を殿に教えたの。
そしたら、なくなる前に・・・と急遽、観に行くことになったのだ。
夜の9時半から始まる回へ。。。。。

昼間は沢山観に来る人がいるからだろうけど、会場はすっごく広かったのに、
夜の回だからか、人はパラパラとしかいなかったよ。
だけど、大分おじさんな年齢っぽい人もいたよ。
ファン層が広いのだろうか。


この映画のを一言で言っちゃうと、“ファン向け”。
漫画で原作読んでたり、アニメ観てたりしていれば、面白いと思うよ。
原作の世界観がすごく出ていたし。
漫画は私も楽しく読ませてもらったけど、
ストーリー等は、「あ~、ハガレン(鋼の錬金術師)っぽい」っていう感じ。


ってうか、漫画でも映画でもそうだけど、
主人公のエルリック兄弟、10代のくせにオトナすぎ!
考え方が。
少年漫画だから、リアルな人間臭さなんて薄いのかもしれないけど。



作者、やっぱり頭が良いんだろうなって思った。
内容的に、バトルだけじゃなく、科学や物理もやや混じってる上、
いろんなところで種をまいて、最後はきっちり回収にかかるから、
最後に色々話が合致したときは、面白さが増す。


鋼の錬金術師、読んだことない人、是非オススメ。
映画はまぁ、漫画の延長だから、「オススメ!」なんて言えないけど、原作は面白いよ。

「RとJ」


今日は舞台を観てきたよ。

劇団21世紀FOX「RとJ」
110709_181720.jpg



事前にまったくどんな内容か知らずに行ったのだ。
タイトルの意味も不明で。。。
出演者で選んだ公演。


どうやら、「RとJ」は「ロミオとジュリエット」の事みたい。
だけどね、舞台自体は全く違う。

結局、私理解できなかったんだけど、この舞台と「ロミオとジュリエット」の繋がり。

役者の学校が舞台なのかな。
その授業で演じるものは「ロミオとジュリエット」だけど、
この物語の真意が理解できなくて、どうしても繋がりを探せなかった。

劇の進み方も、なんか同じような事が淡々と起きて、とくに起承転結もなく。。。
途中眠くなっちゃって、頭カクカクしちゃったよ。

まぁ、たまにはこんな相性もあるよね。



行きたい舞台はあるんだけど、9月に亀梨君の舞台があるので、他を我慢しています。
亀梨君の舞台のチケット、高くってね。。。。

そんなわけでしばらく舞台は我慢!
また試写会当てて行こうかなww


「カンフー・パンダ2」




昨日は4ヶ月ぶりの試写会。

ようやく試写会に行けるように復帰したよ。
今は、どれでも観る感じより、映画と会場にもよって決めてる。

そして昨日観たのは、ドリームワークの
「カンフー・パンダ2」

前作は、パチンコ機種が出る程人気なのを知らなくて、眼中になかったのだ。
「ヒックとドラゴン」にはまり、ドリームワークのアニメーションの魅力を知ったんだ。
いざ、「カンフー・パンダ」観てみたら、すごく面白かったのだよ。
ドジなデブパンダが、カンフーをする感じが。
ところどころに、「はッ」と思わせるようなセリフがあったり。


そんな感じだったから、今回はすごく楽しみにしていたの。
やっぱり期待を裏切らなかったね。
単純だけど、深い感じ。
親子の絆を今回はえがいてるから、泣くところもあり。

絶対また観る!


因みに昨日の試写会は、クーポンマガジンのHot Pepper主催だったので、MEGUMIがゲストで呼ばれていたよ。
そんなんで、また私、Hot Pepperに載りますよ!
前回より写りは大きくはっきりしてるんじゃないかと思われる。
7月最終金曜日発行号を御覧あれ!

| ***talking Mao's thanks life***ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。