スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「10年後に 食える仕事 食えない仕事」



著者:渡邉 正裕

先週、館山からの帰りに立ち寄った本屋で売られていて、思わず買ってしまった。

今後の日本の人口を考えると、今のままではいけない。
経済情勢にはあんまり詳しくない私だけど、人口が減れば、モノも売れなくなるのはわかる。

そこで、移民対策がいま議論されているが、移民受け入れが進んだらまずどうなるのか、この本を読むとわかりやすい。
いまでさえ、日本で外国人の販売員や工場勤務などよくみかける。
これから移民受け入れによって、さらに増えるだろう。

10年後に食える仕事はどんなものか、そういう観点から書かれている。
勉強になったよ。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

| ***talking Mao's thanks life***ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。