FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「猫鳴り」



著者:沼田まほかる

子猫のモンが、家にやってきて、飼われることになるのだけど、その猫と飼い主の話。

ストーリー展開は決して綺麗ではなく、人間の心の奥底に潜む「絶望」が主に出てくる。
だけど、その暗い部分の中に、猫を通して綺麗な部分が見え隠れしていて、最終的には、感動で涙が出てくる内容。

行きつけの本屋で、「すばらしい本」と絶賛していたから、買ってみた。
好みはあると思うが、確かに私には良い手応えがあったよ。
つい名作を連想させる本だったかも。
作者は凄いなって正直思う。
もっとこんな作品があれば良いな。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

| ***talking Mao's thanks life***ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://damuname.blog55.fc2.com/tb.php/177-cdfdecaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。